【ライター】になりたいあなたへ 〜現役ライターがお伝えします!ワークライフバランス編〜

Self Love/Care

こんにちは!makoyann(まこやん)です。前回は、「〜現役ライターがお伝えします!どんなお仕事編〜」として、ライターのお仕事に関してお伝えしてきました!

「どんなお仕事?」など、お仕事そのものについての質問以外にもよくいただくのが、「スケジュールってどんな感じ?」といった、仕事のスケジュールの質問もよくいただきます。

そこで今回は、ライターの1日のスケジュールやお休みなどのワークライフ関して、お答えしていきます!

【ライターといっても働き方は様々】

画像1.jpg

ライターといっても働き方は様々。会社員として出版社に勤務していれば、その会社のスケジュール通りに働き、休むといったことが大半です。

反対に、フリーランスで業務委託でとなれば、締め切りに間に合えあばあとは自由なんてことも。取材やミーティングが入っていない限り、あとは自分で自由にコ

ントロールすることができます。

さらに、最近で多いのは副業ライター。普段は別の仕事でフルタイムで会社員をしながら、休みの日にライターの仕事をするという方も増えてきています。

自身の目指す方向によって選択し、働いてるかたが少なくないのがライターでもあります。

【ライターの働き方 フリーランス編】

画像2.jpg

ライターといっても働き方は様々とお伝えしました。そこで今回は、現役のフリーライターが教える!フリーライターの働き方として、そのメリット・デメリットをお伝えします!

私自身、フリーライターとして、会社に属さず様々なメディアと業務委託で契約しています。そこで感じるメリットととしては次の3つ。

・好きな場所で働ける

・始業時間も休みも、自由に決めることができる。

・色々なメディアで経験を積める。

基本的に自由というのがメリットです。

反対にデメリットも。

・完全出来高制、デザイナーと比べて単価が安い

・1人なので、無限にできてしまう。1人ブラック企業化

・孤独との戦い

これは、フリーランスでも仕事内容によっては回避できるかもしれませんが、ライターは基本上記3つのことが日常といったところです。

【自分の方向性で選ぼう】

ライターといっても働き方によって、スケジュールは様々。

自分に合った働き方を考え、リサーチして、

ライターとして一歩踏み出す際の参考にしてみてください!

makoyann

愛知県在住。現在、女向けWebマガジンにて恋愛やファッションなど女性向けの記事を執筆中。 Like:ファッション、雑貨、旅、カメラ、音楽、韓国ドラマ、カフェ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧