ビタミンCで、目指せ!夏美人

fruit vitamin
Health

Hello! 
kokoです! 

暑い日が続きますね。 

夏バテ、というには少し早いけれど、 
暑さでバテてしまわないように、 
この時期は、ビタミンやミネラルを特に意識して摂りたいものです。 

ですが、
ビタミンの中には、たとえばビタミンCのように、 
熱を加えると壊れてしまうものもあるんです。 

とはいえ、この時期は食中毒なども心配なので、 
なんでもかんでも非加熱で、とはいかないのが現状。 

そこで今回は、熱で壊れにくいビタミンCを多く含む食材をご紹介しますね! 

それは…、 

「じゃがいも」です! 

じゃがいもとビタミンCって、あまり結びつかないイメージかもしれませんが、 
じゃがいもに含まれるビタミンCは、でんぷん質に守られているため、熱で壊れにくいんです。 

また、じゃがいもは、お肉を消化する際の消化器の負担を軽くする、とも言われています。 

マクロビオティック(食べ物を陰陽の観点でとらえ、なるべく中庸を目指していくというような考え方)の観点からも、
お肉は「極陽」、
じゃがいもは「極陰」と、お互いの極端なエネルギーを打ち消し合う、とされています。 

(注:マクロビオティックでは、お肉もじゃがいもも、積極的な摂取を推奨しているわけではありません) 

アメリカの、ハンバーガーにフライドポテト、 
ドイツでは、ソーセージにジャーマンポテト、 
オーストリアでは、ウィンナーシュニッツェルにポテトサラダ(←暖かいポテトサラダが定番です)。 

・・・なんだかお腹が空いてきました笑 

日本では、言うまでもなく「肉じゃが」が和食の定番ですよね。 

私が良く作る、子どもたちも大好きなじゃがいもレシピとしては、 

「揚げないフライドポテト」があります。 

ざっくりですが、作り方を紹介しますね。
①じゃがいもを、良く洗って芽をとり、(皮は剥かなくてOK!) 
②食べやすい大きさにカットし、 
③片栗粉をまぶして(ジップロックを使えば洗い物も少なく、手も汚れず安心♪)、 
④オリーブオイルなど、お好きな油を多めに回しかけて、 
⑤天板に並べて、200℃程度のオーブンで20分程度熱する。 

油で揚げないのでヘルシーでお腹にもたれず、なのに揚げ物のようなカリッとした食感が楽しめます。 

③の時に、お好みでブラックペッパーやカレー粉などもまぶすと、また風味が変わって美味しいですよ。 
おかずとしてだけでなく、おやつにもぴったりです。
お塩は、食べる直前に振るのがオススメ!

他にも、
私はゆるくグルテンフリー生活をしているので、 
マカロニグラタンの代わりにポテトグラタン、 
ラザニアの時も、ジャガイモを薄くスライスしてポテトラザニア、 
などを作ることも多いです。 

熱で壊れにくいビタミンCをもつ食材は他にゴーヤなどがあります。 
こちらも、夏バテ防止食材の定番ですね。 

スーパーでいつでも手に入る優秀食材、じゃがいも。 
お値段が手頃なのも、日持ちがするのもありがたいですよね。 

ぜひぜひ、積極的に活用してみてくださいね! 

Koko

湘南在住。 脳卒中認定理学療法士&資産形成アドバイザー   医療の現場は大好きでしたが、リハビリテーション20分○○円、という換算の仕方や、「なるべく長くや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧