旅しながら仕事したい!現役ライターがこの仕事を

laptop and note
Finance

ライターになりたい!ライターのお話聞きたい!こういった言葉をいただくようになりました。そこで少しでも参考になればと、今回は私がライターになるまでの葛藤をお話していきます。 

ライターと出会うまではモヤモヤ・・・

もともと、自由人&好奇心旺盛でいろんなことに興味がある&挑戦したい人間ではありました。また、就職するよりも自由に仕事をしながら、海外を旅して色々なものを観たい、経験したいという気持ちと夢がありました。

それもあってか、ここの会社で働きたい!という感情がなかなか沸かず、結局大学卒業と同時に、人との縁で見つけた美容系の会社の社員候補に、とりあえずなりました。

その後3ヵ月でアレルギーもあり、その会社を試用期間で退職しました。退職後、海外で自由に旅しながら仕事したい。その後、アルバイトを掛け持ちする日々・・・。

コロナもあり海外行きを諦めたり。アルバイトの掛け持ちで働きすぎて、体調を崩したのもあり、たとえピンと来なくてもどこかの企業で社員になって、腰を据えて働いたほうがいいのか。

周囲の正社員で働く友人たちを見て、「20代半ばでこんな夢を見ていていいのか・・・。でも、社員でまともに働いたことのない人間に職なんてあるのか、やっていけるのか・・・。ここまでもともと持っていた夢を今諦めるのも・・・。」と周囲の目と自身のコンプレックス、今までの行動への後悔と現実への自分でもよくわからない不安も現れ、でも、どこか夢を諦めたくないという感情の間でモヤモヤしていました。

ライターになりたい!気になったら飛び込んだ結果

モヤモヤと生活している中で、「自分はこんなことをやっています!」とイキイキと自信を持って言える自分に合ったピンと来る仕事がないか。

探していた中で、ライターという仕事を見つました。「ライターになって旅をしながら、働けたら素敵だな!たくさんの人に海外をはじめとした様々な素敵な場所を伝えられるかも!」と思うように。

ただ、出版社に勤めた経験もなく、ピンとくる講座も見つからず、諦めかけていた、そんなとき、キャリアスクール をInstagramの広告で見つけ、「これだ!」と思い入会し受講。

それをきっかけにライターのお仕事に応募、挑戦するようになり、今ライターのお仕事をしています。

ライターになりたいみなさんへ

未経験でもどんな人生を送っていても、一念発起して挑戦すれば叶う仕事です。 おそらくどの仕事もそうでしょう。

諦めず、さまざまなことにとりあえず挑戦してみる。そして、なんでもいいので書いてみてください。そこから道は開けてきますよ。

makoyann

愛知県在住。現在、女向けWebマガジンにて恋愛やファッションなど女性向けの記事を執筆中。 Like:ファッション、雑貨、旅、カメラ、音楽、韓国ドラマ、カフェ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧