【見えている世界と見えない世界】

Health

先日山梨県にある

小児科クリニック 小児科医の先生と

ご縁を頂いて 少人数制での

お話会と体験会に参加してきました。

以前 その先生のお話を友人から聞いて

『その先生に会いに行きたい!』

そう言っていて北海道に来られないならば

自ら会いに行こうと思っていたら

なんと、地元に来られる事に!!

この瞬間も

引き寄せたな~。とシミジミ思いながら…

先生とのお話の中で

この世に見えているものや科学で証明できる

ものは ほんの一部にしかすぎない事。

見えないことがほとんど。

つまり 非科学。

科学で証明できないからないものとしてしまうのは

事実のみの追求になってしまう。

でも、この世の中なんとなーく感じていたことが

現実になったり理由は分からないけど

違和感を感じたりありませんか?

例えば

説明のつかない違和感

根拠のない自信

これらは重要なサイン。だと

それには何かしら意味がある。

でも科学的には説明できない。

虫の知らせ…と言ったらなんとなく通じるだろうか。

科学のみにフォーカスしていると

考える枠組みを狭めてしまう。

ならば

ありえない世界のものも取り入れてみた方が 

『自分自身の見える世界』が

広がるかもしれない。

現代医学は 二元論であり

~ねば

~べき

のルールにのっとって

押さえつけたり

~が悪。と悪者を作ることでやっつけるシステム

根治療法は 一元論であり

受け入れる

認める

多様性など

起こる原因

なぜ起きているのかを考える。

例えば湿疹。

湿疹って嫌だ!もー、薬塗ろう!

ではなく湿疹が出たこと認める。

受け入れる。

最近の食生活

化学物質

電磁波など

起こる原因を受け入れなければ

本当の意味での

根治療法には繋がらないな。と改めて感じました。

物腰柔らかく ガツガツしておらず

医療従事者としてこんな先生が主治医なら…。

とお話を聞きながら何度も思いました。

まだまだお伝えしたい事はあるけれども

長くなるのでこの辺りで…

今日もよい一日を…

ピックアップ記事

関連記事一覧