理学療法士が教える令和の肩こり対策!

Health

Hello!Kokoです! 

皆さんは肩こりありますか? 

私はもう、物心ついた頃からずっと「肩こり」に悩まされておりまして。 

医大の卒業論文も「自覚的肩こりの強度と、頸部筋の筋血流量の関係」(タイトルうろ覚え笑)、だったくらいです。 

首が細く長い、「ザ・骨格診断ナチュラル」だったこともあり、ものすごく首~肩甲骨にかけての負担が大きかったと今になって思うんですが。 

(肩こりから来る頭痛で、頭痛薬が手放せなかった・・・)

今回は、理学療法士であるKokoが考える、 

肩こりにお悩みの方へ、対処法を3つお伝えしますね。 

①外側から血流を良くする 

ゆっくりと湯船に浸かるのがとても良いです。 

特に、高濃度炭酸泉! 

炭酸ガスは、皮膚から取り込まれる数少ない物質のひとつです。 

身体に取り込まれた炭酸ガス(二酸化炭素)により、身体は酸素不足と判断し、

より多くの酸素を届けようとして、毛細血管を拡張させて全身に酸素を運びます。 

私は「ちょっと身体がこわばってるなぁ」というときは近くの高濃度炭酸泉スパ(というかスーパー銭湯)に行くことが多いのですが、 

重曹やクエン酸を使うと、自宅でどなたでもお手軽に炭酸泉を楽しむことが出来ます。 

(施設の方が高濃度ですが・・・) 

お湯はぬるめがベター!

温度が高いと炭酸が抜けていくのは、ペリエやシャンパンと同じ原理ですね!

最初はぬるくて物足りなく感じても、その後、身体が冷めにくいのを実感出来るはずです。 

②内側から血流を良くする 

私は身体の声を聞きながら、 

「Lーアルギニン」のサプリを摂っています。 

(サプリに頼りすぎるのも良くないかなぁと思うので、ちょこちょこです。) 

この、Lーアルギニンは、体内で分解される時にNO(一酸化窒素)を産生します。 

このNOが、血管を拡張させ、血管が柔軟になり、血流を促進させるんです。 

(ちなみに、このことを発見した3人の研究者は、1998年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。) 

サプリとして売られているものは、質もピンキリですので、 

ぜひ、ご自身の体感として、効果を感じられるものを選んでくださいね。 

「身体の声を聞く」って大事です! 

③めぐらせる! 

せっかく血管を拡張させても、パソコン作業などでず~っと同じ姿勢で体をこわばらせていては、効果も半減です。 

最後はやっぱり、マメなストレッチやマッサージがオススメ。

特別な技術は必要ありません。 

「頑張ってるね~自分!いつもありがとうね~!」という気持ちで、身体をのびのびさせてあげたり、労ってあげるイメージです。 

知っておいて欲しいのは、 

「肩こり=肩」だけの問題ではないということ。 

頭皮マッサージから首のストレッチ、耳をほぐしたり腕を回したり、 

背中~腰まで、全身を動かしてあげましょう!

肩こり、についてシェアしてみましたが、 

血流が良くなると、疲労回復も早くなり、お肌の血色もよくなるなど、 

美容や健康の面でも良いことずくめです!

是非、できるものから無理なく取り入れてみてくださいね。 

Koko

湘南在住。 脳卒中認定理学療法士&資産形成アドバイザー   医療の現場は大好きでしたが、リハビリテーション20分○○円、という換算の仕方や、「なるべく長くや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧