【リッチな男性と出会いたい?】では自分の収入をUPさせよう。

Finance

コロナ禍でなかなか人との交流が難しい中、

精神的にも経済的にもリッチな男性との結婚を望む婚活女性たちは、

今、何をしているのだろう。ステイホーム期間中、積極的な婚活はお休みしているのだろうか。

そんな女性たちに、この時期を「自分の才能を活かし、稼げる力をつける方法を見つける」

時間にすることを提案したい。

理想の相手に出会えないのは環境が間違っているから

もし、あなたが婚活中で、生涯のパートナー、

それも経済的に安定した精神的にも金銭的にもリッチな男性を求めているなら、

まず、自分の理想の相手と、同じまたは近い環境に居なければならない。

遠くにいる人を眺めて、「あんな人いいわね。」なんて言っても、

近くに居なければ話もできないし、触れもしない。とにかく近くにいることが大事なのだ。

自分がどんな人を望んでいるのか知り、その人がどこにいるのか分析し、

その環境に自らの身を置くようにしよう。

稼ぐパートナーと出会いたいなら、自分の才能を活かして自ら稼ごう

「年収〇〇以上」とか、相手のステータスにこだわりすぎると、

相手の人間性を見る目が曇って来る。自分の収入が上がり、

金銭的な余裕ができると、不思議と男性を「物件」ではなく、

「人間」として見る目を取り戻す。

「相手に〇〇を買ってもらいたい」とか「デート代は払ってほしい」とかの

こだわりも薄れていく。高価なプレゼントはもらえなくても、

相手が自分のことを思ってプレゼントしてくれた、

一輪の花に価値を感じるような柔らかい気持ちを持てる。

そして、金銭的に自立した女性は男性に「媚びる」ことをしなくてもいい。

だから、相手の気を引くために、しがみつくこともしなくていい。

相手に「経済力」を求めるのは、それが自分にないから。

今の自分にないものを人に求めているのだ。

自分に足りないものを自分で満たせば、外に何かを求めることはなくなる。

自立し、自分の旅を悠々と続けている中でいつかは素敵なパートナーに

会えるという余裕が心の中に生まれてくるだろう。

自分は何の努力もせず、虎視眈々と玉の輿を望む婚活女子よりも

ずっと上品で、強い女性の生き方だと思う。

良い関係を築くカギは「環境」と「共感」

「類は友を呼ぶ」という。それはどんな人間関係にも当てはまる。

同じ環境にいる人とは、共通の話題が生まれ、共感を持ちやすい。

心地よい関係は、「この人ともっと時間を過ごしたい。」という気持ちにつながる。

まずは自らを理想とする相手と同じ環境に置くこと、そして自ら稼ぐ力をつけること。

それが、ステータスや経済力に惑わされることなく、

「精神的にも経済的にもリッチな男性」と出会えるベストな方法だ。

婚活をお休み中の女性の皆さんには、ぜひ、今の時間を自分のいる環境、

自分の才能を活かして稼ぐ方法の分析に使ってほしい。

みきこ

現在、夫と愛犬と南米エクアドル在住。エクアドルに来てから料理、スペイン語をはじめて毎日奮闘中。エシカルな暮らしを出来るところから実践中。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧