【ペットを亡くした人の心に寄り添う 】

Self Love/Care

みなさんは「虹の橋」のお話についてご存知ですか?

実は私もついこの間知った話なのですが…
台風が過ぎ去った後の気持ちがいい秋晴れの日に、

大好きだった愛犬が亡くなりました。


そんな時にであったひとつの詩、それが虹の橋。
作者は不明ですが、ペットを亡くし、

悲しくてたまらない方々の心に響く詩として、世界中に広まったそうです。


大切なペットが亡くなってしまった時にこの詩を思い出してください。

そして、ペットを亡くして悲しんでいる人が近くにいる時は、

この詩を届けてあげてください。
少しでも立ち直ることができますように。


【虹の橋】※日本語訳

天国には「虹の橋」と呼ばれる場所があります。

飼い主にこよなく愛されていた動物は全て、この虹の橋に集まります。

誰もが皆、走り回ったり遊んだり出来るよう、ここには草原や小高い丘があります。

食べ物も飲み水も豊富にあり、太陽が暖かく照り付けてとっても心地よい場所です。

病気や老いで弱っていた動物たちは、全て元の元気な体に戻ります。

傷ついたり体が不自由だった動物たちも、全て健康で活力に満ちた体を取り戻します。

それはちょうど、飼い主がペットが元気だった頃を懐かしむときの姿です。

動物たちは皆満ち足りており、何の不満もありません。

でも、たった一つだけ、気がかりなことがあります。

それは一緒に虹の橋に連れてくることの出来なかった、

飼い主であるあなたのことです。

動物たちはみんな仲良く集まってはしゃぎ回りますが、

そのうちふと足を止めて遠くを見つめるときが来るでしょう。

やがて瞳がらんらんと輝き、体が震えだしたかと思うと、

突然仲間のもとから離れて緑の草原を駆け抜け、飛ぶように走りに走るのです。

そう、あなたを見つけたのです。

特別な感情で結ばれたあなたと友達は、

とうとうこの場所で再会を果たし、

もう二度と別れることのない新たな出会いに胸を躍らせます。

友達はあなたの顔にキスの雨を降らせ、

あなたも懐かしい友達の体を撫でて長いこと見ることの無かったその瞳を見つめます。

片時も忘れることの無かったその瞳を。

そうしてあなたと友達は、共に虹の橋を渡るのです。終

ペットは私たちにたくさんの事を与えてくれる存在なのです。

幸せホルモンといわれているオキシトシンも、

ペットのおかげで増えるだとか。

アニマルセラピーという言葉を聞いた方も多いかとは思いますが、

ストレス解消やリラックス効果など、

病気の回復をサポートしてくれる効果もあるとされています。

また、子供たちが、犬や猫に向かって本の読み聞かせを行うことを

リーディングセラピーといいます。

音読が苦手な子供が、

犬や猫が相手だと緊張せずにスラスラと読めるようになるのだとか。

子供たちは、犬や猫に本を読んであげることで、

教えてあげているような感覚になり、大きな満足感を味わうことができるそうです。


いかがでしたか?
言葉を使わないからこそ通じ合える。

きっと誰よりもひっそりと自分のことをいちばんに理解してくれるパートナー。

たくさんの感謝と愛情をもって、

ペットと過ごすことができる貴重な時間を大切にしてほしいと思います。


どうか
ペットを無責任に飼う人が減りますように
ペットに乱暴する人が減りますように
願っています。

yumeka

男の子と女の子の2児のまま 多趣味を活かし皆さんがわくわくするような情報を幅広くお届けします!! 少しでもお役に立てたら嬉しいです♡

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧