RからLへ

work desk
Make up

皆さんは自分の仕事が好きですか?

仕事をするのが楽しい!と言う人もいれば 次があるのなら明日にでも辞めたい!と思っている人もいるでしょう。楽しいこともあるけれど別にやり甲斐がある訳じゃなくお金が必要だから取り敢えず行っている、という人もいるかもしれません。

生活にお金は必要ですからお給料の多い少ないで就職先を決めた人もいるでしょう。

『取り敢えず行って仕事をしてお給料を貰っている』人にとっての仕事は、ライスワーク(Ricework:ゴハンを食べるために必要だからする仕事) なのではないでしょうか。

Riceworkでもいいんですよ。

初めに書いたように生活にお金は必要ですから。

でも面白くない。

世の中には自分の好きなことを仕事にして成功している人がたくさんいるし、そもそも自分の好きなこともわからないし!という方もいるでしょう。わかりますわかります。

今の仕事が嫌だから辞めたい、あるいは就活中という方。

自分が好きなこと、小さい時好きだったこと、得意なこと、をよーく考えてみて下さい。思い出してみて下さい。

または今やっている仕事のこういうところが好き、面白いというところを考えてみて下さい。

私の友人の例ですが、彼女は結婚して子どもを産みパートで働いていました。ある時、旅行に行った先の風景をスケッチしていて、「あ、そういえば私、絵を描くの好きだったなあ」ということを思い出し、それから時間があれば絵を描いてSNSに投稿、その独特な雰囲気が人気になり彼女の絵が欲しい、という人が出てきました。今や彼女のアートは注文ひっきりなしです。

好きなこと、夢中になったこと、得意なことなんて思いつかない、という方(かく言う私もそう)。

例えばあなたがお金をかけたことは何でしょうか。

ダイエット、という方もいれば何かのセミナー、という方もいるでしょう。

それも自分が夢中になったこととか得意なことなのです。

やっている仕事がまあまあ好きになってきた、好きなことを仕事に選んだ、という方は仕事がライクワーク(Likework)になっていると思います。

ライクワークになれば日々のストレスは随分軽減するでしょう。

ライクワーク(Likework)が続けば それはライフワーク(Lifework)になります。

続けていると、その仕事を認めてくれる人、喜んでくれる人が出てきます。

そうなるとライトワーク(Lightwork)ですね。

知り合いのBさんは就職して経理部門に入りました。パソコンに向かうばかりで、仕事はそんなに楽しいと思わなかったのですが、転職したいとまでは考えていませんでした。

彼女は映画鑑賞が趣味だったので、土日だけでなく平日もその時間を作り出せないか?と考え、始業から集中して仕事をこなし定時退社、そうすると平日でも好きな映画を観ることが出来ます。定時退社とはいえ仕事は正確なのでまわりからは信頼され、役職にも就きました。

彼女の場合、ライスワークがライフワークになりライトワークになりました。

誰かに、あるいは社会に光を与える(喜ばれる)ことが出来るようになることが仕事の醍醐味ではないでしょうか。

ライトワークはその人がその人らしく輝く仕事なのです。

Ricework、Likework、Lifework、Lightwork

あなたのしたいworkはどれでしょう?

Yasuko

*人が好き。誰かの笑顔のお手伝いが何より好き。なのに *「母親失格だ!」という息子からの言葉で 彼が不登校になった時も十分寄り添えてなかったことを思い知る。...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧