【1年の締めくくり。自分の整理整頓をしよう!】

Self Love/Care

こんにちは(^^)

MOEです。

今回は、【1年の締めくくり。自分の整理整頓をしよう!】というテーマでお届けします。

あと1ヶ月程で2021年が終わろうとしています。

皆さんにとって、2021年はどのような1年でしたか?

私にとってのこの1年は、大きな変化がいくつかあった年。そしてチャレンジした年でした。

●住む環境を変えたこと

●そして、このNanatural Mediaでライターとしての活動を始めたこと

●オーガニック製品のオンラインストアを始めたこと

などが主にあげられます。

色んなチャンスに恵まれ、その都度チャレンジしてきたなと思います。

まさに、今後の夢や希望が明確になり、そこに向けてのスタートダッシュをきった!という年でした。

しかし反対に、大好きなこと(読書なのですが…)に、なかなか時間を割けなかったことは、心残り。

その辺は、自分の中で葛藤として年末のこの時期まで残ったまま・・・。

その自己嫌悪を残したまま年を越し、来年に持ち越すのは、なんだか気持ちが重い・・・。

というわけで、この1ヶ月は、その大好きなことをやりたいだけやる!と決めています。

また、この1ヶ月だけでなく、日常的にどうしたらその時間を確保し、やりたいだけできるか?を考え、スッキリとした気持ちで年を越したい!

来年こそは上手く時間配分して、やりたいことをやるライフスタイルを確立したい!

そんな気持ちです。

皆さんにもきっと、1年を振り替えってみて、できたこと、できなかったこと、両方があるのではないでしょうか。

できたことについてはもちろん、自分自身をめいっぱい褒めてあげてくださいね。

そして、できなかったこと、心残りのあることは、私のように、この1ヶ月の間にできる限りやってみるのも良いですよね。

しかしそれだけでは根本的な解決になりません。

来年はできているように、日々、自己嫌悪や心残りがないようにしていきたいもの。

そのためにも、自分の整理整頓をしましょう。

これは、年末のこの時期だけでなく、気が付いた時に、意識的に取り入れてみるのもおすすめです。

① やらないといけないこと?やらなくていいこと? 見極める目を持つ

やりたいのにできなかった、というのは、何かが妨害している可能性が高いです。

その妨害しているものを明らかにしましょう。

「時間管理のマトリックス」をご存知ですか?

『7つの習慣』という本(スティーブン・R・コヴィー著)に出てくる考え方で、緊急性の高いもの・低いもの、重要性の高いもの・低いものを分類する方法です。

まず、1日24時間をどのように使っているか、この1週間の時間の使い方を、ノートに記録してみましょう。

自分の時間の使い方が明らかになったら、そのマトリックスに、当てはめていきましょう。下記の4つに分けられます。

●緊急性: 高、重要性: 高

自分が責任を持ってやるべきこと

欠かせないこと

締切のある仕事

病気や事故

危機や災害

●緊急性: 低、重要性: 高

本当はやりたいのにできていないこと

時間やお金があったらやりたいなと後回しにしていること

人間関係づくり

健康維持

●緊急性: 高、重要性: 低

特に意味はないが、とりあえず今しておかないといけないこと

無意味な接待や付き合い

雑事

突然の来訪や電話

●緊急性: 低、重要性: 低

意味をもたないこと

暇つぶし

単なる遊び

だらだら電話

私の場合は、ちょっとした隙間時間に、ついついスマホを手に取り、なんとなくSNSを見てしまったり、調べ物をしていたら、そのままダラダラとSNSを見てしまったり、という時間が多々ありました。

また、友人からの愚痴の内容のメールに、わざわざ返信していたり。

これはまさに、緊急性も低く、重要性も低いもの・・・。

この領域に使う時間を減らすように意識しましょう。

そして、緊急性は低いけれど、重要性は高いものに、どんどん時間を費やし、行動していきましょう!

また、常に予定を詰め込んで忙しくしてしまいがちですが、余白の時間を残すということも大切です。

それによって、やりたいことに手をつけられるようにもなります。

皆さんの時間のマトリックスはいかがですか?

② 情報を遮断して、自分の棚卸しに集中する

世の中の変化のスピードは速く、情報も日々アップデートされるため、止まってはいけない、一度止まったら置いていかれてしまう・・・という思いから、常に新しい情報を追い求めようとしてしまうことがよくあります。

これがSNSをダラダラと見てしまうということにも繋がるのです。

また、自分を向上させたいという気持ちからも、新しい情報を得たり、新しい学びを次々としたり、自己啓発に時間を費やしたり、ということがありますよね。

その学びで得たものを実際の生活の中に落とし込めずに終わる、ということもしばしば。

知るけれど行動にできない、という状態です。

向上心はとても大切ですが、自分を向上させようとばかり思わなくても、既に今のままで十分だということを自覚しましょう。

その上で、学びや情報を一旦遮断して、自分と向き合う時間を取りましょう。

やることは、自分の棚卸しです。

どんなことが好き?

何にワクワクする?

どんなことに幸せや豊かさを感じる?

人生で大切にしたいものは?

自分はどうありたい?

そして一番大切なのは、

どんなことをしたい?

それらを一つ一つ明確にしましょう。

ノートに、やりたいことリストを50個〜100個、小さいことも含めて書いてみるのをおすすめします。

今年中に明確にすれば、ワクワクしながら年を越せます。

やりたいことリストについては、できたら1つずつ、チェックしていくのも良いですね。

そうすると、達成感も感じられ、自己肯定感も高まる、という効果も期待できますよ。

是非この1年を振り替えって、自分の時間の使い方を見つめ直し、自分自身の棚卸しをし、新しい年が始まる前に心身ともに軽やかになりましょう!

では、また。

MOE

名古屋出身、中国上海市にて1年8ヶ月を過ごし、帰国。 女の子1人を育てるママ。大学卒業後、日系、外資系航空会社で勤務ののち、結婚、出産を機に家庭の中のことに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧