【暗いニュースを見て辛くなったときの対処法3選】

Mother Life

皆さんこんにちは。イギリス在住の里菜です。

コロナ禍や今の世界情勢など、テレビやネットのニュースを見るたびに、

心が傷付いている方が多いのではないでしょうか。

実際に私もその中の1人です。

暗いニュースなどに触れると、気分が落ち込んできて、意欲が低下することも。

『辛くなるなら見なきゃ良いのに』と思う方もいるかもしれません。

確かに、たくさんある情報を見過ぎないことや、情報源を選択することも大切です。

しかし、

『見たくない(知りたくない)情報が、たまたま目に入ってきた…』という場合もあると思います。

また、自分の生活に関係するニュースであれば、目を背けるのもなかなか難しいですよね。

そこで本記事では、私も実践している、

暗いニュースを見て辛くなったときの対処法を3つご紹介します。

ニュースを見るたびに気持ちが落ち込み、

何となく意欲が低下している方がいましたらぜひご覧ください。

自分の気持ちを誰かに話す

ニュースを見て、「辛い」「悲しい」という自分の気持ちを無視せずに、

まずは受け入れてあげましょう。

その上で、家族や友人など信頼できる人に、

自分の気持ちを話してみるのもオススメですよ。

すると、同じような気持ちになっているのは、

自分だけではないと気が付くことができるかもしれません。

また、SNSなどで自分の気持ちを発信してみると、

同じような気持ちの方に共感してもらえる場合があります。

自分だけで抱え込まずに、誰かに話してみるだけで心が落ち着いてきますよ。

とりあえず今の日常に戻る

1で自分の気持ちを認めたら、スマホを閉じて、とりあえず今の日常生活に戻ってみましょう。

テレビの前でじーと動かずに止まっていると、気持ちもどんどん下がってきてしまいますよね。

暗いニュースの中でも、今もあなたの日常は続いているはずです。

家事に育児に仕事など、心身を動かしていると、自然と気が紛れてくる場合もあります。

今ある日常に感謝をしながら過ごすと、心が穏やかにもなってきますよ。

違う何かに集中する

こちらも2に近いですが、

何かに集中・没頭していると、別のことに意識が向くのでストレスが軽減できますよ。

これは暗いニュースを見たときに限らずに、何か不安を感じているときなどにもオススメです。

私の場合は、お気に入りのPCで記事やブログを書いていると、心身がスッキリしてきます。

仕事や趣味など集中・没頭できることであれば何でもOKです!

まとめ

いかがでしたか?

暗いニュースや悲しい出来事が多い世の中で生きていくうえで、

メンタルを保つのは簡単ではないと思います。

また、無理にポジティブなことを考えようと思っても、難しい場合もありますよね。

自分の感情を認めたうえで

誰かと話したり、

意識的に心身を動かしたりすると、少し気分も落ち着いてくるかもしれません。

ぜひやってみてくださいね!

ソング里菜

イギリスPresotn在住の農家&Webライター。 2021年11月に息子を海外出産。 働き方を含めた生き方について模索しながら、地方移住や海外移住...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧