朝スッキリ目覚めたい!目覚めスッキリのカギは【寝室の環境】

morning bed
Health

朝目覚めの時が一番疲れている・・・

早起きしようと思っているのに、全然起きられない・・・

なかなか寝付けない・・・

眠りが浅くてちょこちょこ目が覚める・・・

睡眠でお悩みの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

よく眠れてスッキリ目覚められたら、1日元気に過ごせますよね。

1日の1/3を占める睡眠時間を快適にするためのヒントを

「寝室の環境・インテリア」の面から考えてみましょう!

①【エアコンの風が直接当たらないようにしよう】

室温を整えるためにとても便利なエアコンですが、

エアコンから出る乾いた風が体に直接当たると、鼻やのどの粘膜も乾燥してしまいます。

また、本来睡眠時には副交感神経が優位となり

・血管拡張

・呼吸数・心拍数低下

となりますが、

エアコンの風が当たることで交感神経が優位となってしまい、

眠りが浅くなったり眠れない、寝ても疲れが取れない・・・

ということが起きてしまいます。

●エアコンの風向きを変える

●エアコンのスイング機能を使う

●風よけフィルターを取り付ける

②【寝る前にブルーライトを浴びないようにしよう】

スマホやTV、PCから大量に放出されるブルーライト。

人間の目で見える光の中で最も波⾧が短く( 380~495㎚)強いエネルギーを持ちます。

ブルーライトは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を抑制し、

なかなか寝付けない原因にもなります。

スマホを寝る直前まで見るクセがある人は、寝室に入ったら機内モードにしてしまうのもオススメ!

●スマホは寝る1時間前まで

●スマホのブルーライト調整機能を活用する

●夜間はTVやPCの使用を控えめにする

③【寝起きに太陽の光を浴びよう】

朝の太陽光はとても強く、照度2,500ルクス以上あります。

この強い光を浴びることにより、交感神経の働きを活発にし血圧や体温を上昇させて

身体を覚醒させます。

この働きにより、体は活動モードへとシフトチェンジします。

●朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる

●夜間の街灯などの光が入らなければ、

カーテンを少し開けて寝るのもオススメ

④【夫婦別で寝てみよう】

男性と女性で、快適に感じる温度には差があります。

夏場は特に、

旦那さんは暑くて眠れない・・・

奥さんは寒くて眠れない・・・

お互い眠れない!なんてことも。

ベッド・空間を分けることで、お互い快適に眠れます。

●部屋をカーテンなどで仕切る

●エアコン側に男性が寝るようにすると◎

●いびきなど音の問題があるなら、

別の寝室で寝るのもオススメ

今回は、寝室の環境を整えて朝スッキリ目覚めるヒントをご紹介しました。

ポイントは

・光

・温度

・湿度

グッスリ眠って、翌朝スッキリ!体感してみてくださいね。

miwako

住宅業界勤務 幼少からインテリアに興味を持ち、大学で建築学を学ぶ。 環境から受ける体の影響が大きいことを知り、 「住まいと食はメンタル・フィジカル両方の健康...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧