【肌寒い朝とコーヒーとセルフラブ】

Self Love/Care

愛をテーマにして生きています♡yasukaです。

朝起きて、コーヒーを飲もうと思い、

ガラス鍋でお湯を沸かしていた時。

透明なお鍋の中を徐々にふつふつと湧き上がっていく

水をみてこんなことを思いました。

セルフラブって、こうなってるんだって。

コーヒーとセルフラブの関係性

“愛”をどこに例えるか。

ここでいうと

わたし達は、水です。

愛はお湯で

外の世界は、コーヒーです。

水のままでは、おいしいホットコーヒーは作れないですね。あたりまえですが。

そこに、熱がプラスされて、お湯がうまれる。

お水が、お湯が、形を変えてコーヒーになり、

それが自分の中に入る。

この一連の流れがなんだか人間の世界

みたいだなぁ。とふと思ったのです。

わたしたちがいつも伝える『セルフラブ』とは

とても日常的で、些細なことが教えてくれます。

わたし達は、個の人として生きているけれど

生きていて、ひとりでできることなんて本当に少ないです。

だけど、あなたひとりの力はとても大きなパワーがあります。

だって水の力って偉大でしょ?

わたし達は、いつも何かしら、自分じゃない外の世界から影響をもらっていますよね。

あなたの好きな音楽だったり、映画だったり。

大好きな推しからかもしれないし、愛する我が子からかも。

そして、気付かぬ程自然に

わたし達もまた、誰かや何かに影響を与えています。

あなたは本当にただの水?

あなたは【ホットコーヒーを作れないただの水】かもしれません。

でも、水がいなければお湯は生まれません。

つまりはコーヒーもできません。

そう。

物事全ての始まりは”あなた”ということです。

特別になろうともせず、

何かになれないことを嘆くこともせず、

この存在だけでいいのだと

自分で自分を大切に扱えたときに

内へ向く愛が生まれますよね。

あなたが内にできた愛を、独り占めせず

惜しみなく外へ差し出せるからこそ、

美味しいコーヒーとなってあなたの元へ

また戻ってくるのです。

今見ている外の世界とは、

あなたの内面が映画のスクリーンのように

映し出されているだけだったり。

あなたがじぶんを大切に扱うことで

あなたもまた、周りから大切に扱われる。

この巡りこそが、セルフラブです。

セルフラブとは循環する豊かさのこと

愛は与えると、もどってくるもの。

与えてこそ、なくならないもの。

セルフラブの本当のいいところは

『自分だけ』にとどまらないところ。

“循環する豊かさ”ですよね。

“わたしなんて”ただの水 と捉えるか

“わたしがあるから”お湯もできる と捉えるか

あなたの愛ひとつで世界を救えるわけでもないけれど

つまんなそうな顔で働くコンビニの店員さんは救えます。

朝日が昇ってくれた今日も、

にっこり笑顔をひとつ。

心を込めたありがとうをひとつ。

あったかいコーヒーと共に

始まりは、いつもあなたから。

愛をこめて。

yasuka

Yasuka

愛媛生まれ愛媛育ち、 既にあるギフトに気づき本物の意味での"女の子を楽しむ" をモットーに生きています!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧