【お金との関わり方を見直そう】

Finance

こんにちは(^^)
MOEです。

今回は、【お金との関わり方を見直そう】

というテーマでお届けします。

皆さんは、普段どんなことにお金を使っていますか?

お金を使うところは、例えば、食事、衣服、家、車、光熱費・・・

など様々な用途があると思います。

その中でもきっと、お金をめいっぱいかけたいものと、

出すならこの値段までだなと、なんとなくでも気持ちの中で

上限が決まっているものがあるのではないでしょうか。

私ももちろんありましたし、今もあります。

しかし、この数年の間に、価値観の変化に伴い、お金の使い方、

お金との関わり方が大きく変わりました。

その変化は、大きく分けて2つ。

一つは、外側から、内側にかけるように。
もう一つは、損しないように、得するようにという思考から、

心地良さにかけるように。

それらの変化のおかげで、外側の事象に流されて一喜一憂することなく、

いつも心地よく過ごせるようになりました。

お金の話はセンシティブで、なかなかシェアしにくいことかもしれません。

私の変化の例から、何か新しい気づきや参考になることがあれば嬉しいです。

《変化①  外側から、内側へ》

昔は自分の外側に身に付けるものや外側を綺麗に整えるもの、

例えば洋服やバッグ、アクセサリー、または化粧品などに多くのお金を注いでいました。

つまりは、常に外側を覆うもの、装うものですね。

自分に自信がなかったのが丸わかりですが、「よく見せたい」、

そんな気持ちが、お金の使い方に表れていたと思います。

しかし、洋服やアクセサリー、化粧品などにかけるお金はこの数年の間にグッと減りました。
それらの優先順位が低くなったとも言えます。

そういった外側から私自身を装ってくれるものよりも、

内側から取り入れるものにかけるお金が増えました。

例えば、本や講座などの学び、そして食事などです。

その背景には、「よく見られたい」という気持ちが減ったことがあります。

取り繕ったところで、私は私でしかない。

それはある意味で諦めともとれますが、他の誰かと比較することのない、

比較しようのない「私」という存在を、ホロスコープで知り、

等身大の自分を受け入れたことがきっかけです。

外側をどんなに着飾っても、内側からにじみ出てくるものには敵わない。

そもそも、わざわざ外側を着飾らなくとも、

内側を整えることで、外側も整ってくるのです。

それはちょうど、食べるもの、飲むものなど、

取り入れるもので、私たちの身体が出来上がっているのと同じこと。

内側に意識を向けることで、それがどんどんジワジワと外側にも表れてくるのですよね。

《変化②  心地良いことへ》

同じものなら、安い方が得!

ちょっとでも安く買いたい、そうでなければ、損してしまう・・・!

そういう思考でしか生きていなかった頃。

必死に安いものを探し、これはこの店で買って、

あれはあの店で買って・・・と駆け回る。

または、安くなっているから、本当は今日はあれが食べたいけれど、

仕方なくこのメニューにする、とか。

けれど、それは心身ともに疲れの原因になっていました。

もちろん、一つの楽しみとして行動しているのなら、何も問題はないのです。

しかし私にとっては苦痛でしかなかった・・・。

何が問題かというと、自分自身を犠牲にしているところ。

自分の気持ち、自分の心地よさ、自分の時間・・・

そういったものは後回しで、お金の増減、数字だけしか見ていないのです。

得か、損か、それすらも、数字で計っているだけ。

しかし、自分の心地よさを優先して選択すると、気持ちよくお金を支払えます。

自分の気持ちを優先して行動することは、何よりも大切。

自分を大切にできるのは、他でもない自分自身です。

自分を大切にした行動をすることで、何にお金を使っても、得しかない!
損することがありません。
お金という数字に囚われていないからです。

それってとても豊かだと思いませんか?

私はこの感覚を初めて味わった時、心に余裕が生まれ、自分で人生を創っているという実感もわきました。

《使い方の軸を持とう》

なんとなくで使いがちなお金。
または、こうでないといけないと頑なに決めた使い方をしがちなお金。

しかし、その使い方はあなたにとって本当に心地よいですか?

使い方の軸が決まると、決断もスムーズになり、お金が減った、無駄遣いした、という気持ちにもならず、損した、得した、という気持ちのブレもなく、心が安定し、余裕が生まれます。

あなた自身のお金の使い方の軸も、是非見つけてみてくださいね。

では、また。

MOE

名古屋出身、中国上海市にて1年8ヶ月を過ごし、帰国。 女の子1人を育てるママ。大学卒業後、日系、外資系航空会社で勤務ののち、結婚、出産を機に家庭の中のことに...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧