ママのための、家族が変わる「魔法の声かけ」

indulge baby
Self Love/Care

Hello! 

kokoです! 

子どもを褒めてみよう!というお話をします。 

といっても、子どもを褒めたことがないママさんなんていませんけど。 

今日は 

「一日、いや半日で良いから、子どもをひたすら褒めてみよう!」という提案をします。 

「ひたすら褒める」って、 

例えば「叱らない」よりもハードル高いイメージがあるかもしれませんが、 

脳科学的にも、kokoの体感的にも、 

実は「ひたすら褒める」方が簡単です。 

例えば今、 

「黒い猫のことを考えないでください」と言われたとします。 

どうですか? 

難しくないですか? 

「○○をしない」って、脳にはとてもむずかしい事なんです。 

では、本当に黒い猫のことを考えて欲しくない時どうするか。 

「ふわふわで真っ白な猫の事を考えてください」と言うんです。 

全く別のこと、または真逆のことを脳にお願いすれば良いわけです。 

子どもに対してもそうで、 

「今日は叱らない」「急かさない」「怒らない」・・・etc. 

私も何度思ったことか・・・! 

そして挫折したことか・・・笑 

なので、期間限定で、 

「叱りそうになったら、なんでも良いからひたすら褒める」を 

やってみましょう! 

深く考えると褒め言葉になってなくても良いんです。 

褒めてるっぽい感じになってれば。 

お友達におもちゃを貸そうとしなかったら、 

「○○ちゃん、そんなにこのおもちゃ好きだったんだねぇ~、ママ知らなかったよ!ひとつのおもちゃでずーっと遊べてすごいね!」 

とか。 

ゲームに夢中でお風呂に入ろうとしなかったら、 

「そんなに夢中になれるゲームがあるんだね!ママ羨ましいよ!何ていうゲーム? 

教えてくれてありがとう!」 

とか。 

言っているうちに、子どもの態度も明らかに変わってきますし、 

不思議なもので、言ってる自分も色々なことに大らかな気持ちになってきます。 

「まず口に出す」ってとても大事で。 

(エネルギー的にも脳科学的にも) 

私は、子どもたちがまだ小さくて日々クタクタだった頃は、 

(一番上と一番下が3歳4ヶ月差という、年の近い兄弟だったんです) 

毎日、眠りにつく前に 

「今日も楽しかったね」と言っていました。 

もちろん、人間ですから全然楽しくない日だってありましたよ。 

でもとにかく、口を動かすことで脳が勘違いしてくれるらしく、 

どんなに荒れた一日でも、何となく健やかに眠りにつけました。 

「毎日子どもを叱ってしまう・・・」 

「どうやったら怒らずに子育て出来るんだろう」 

と悩んでいるママさん、 

期間を決めて 

「褒めまくる子育て」してみませんか? 

Koko

湘南在住。 脳卒中認定理学療法士&資産形成アドバイザー   医療の現場は大好きでしたが、リハビリテーション20分○○円、という換算の仕方や、「なるべく長くや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧