本当は教えたくない!?男女の距離が近づく魔法のワード

holding-hands
Self Love/Care

Hello! 

kokoです! 

これを知った時、私はもう結婚していたので、 

実践する機会は残念ながらなかったのですが、 

今日は恋愛に使える脳科学として、 

初対面の男女が親密になれる一言をシェアしますね。 

ズバリ、 

「今までで1番ひどかったデートってある?」 

です!

そのココロは・・・

①感情を共有できる 

これを語ることで、「自分の恥ずかしい失敗経験」「隠したい過去」を共有したことになり、2人の距離がとても近くなります。 

更に、「ひどかったデート」についての感情(→一緒に「それひどいね!」と憤慨したり、逆に、時がった今となっては結構笑えたり)を共有することによって、 

2人の空気感が近くなります。 

②相手のことがよくわかる 

結果的にうまくいかなかったとはいえ、一度でも自分がデートをしたお相手。 

相手ばかりを否定し、「自分はこんなひどい目に遭った!」と被害者を主張するのか、 

「自分も未熟だったからさ~」「いい人ではあったんだけどね~」など、少しの感謝や暖かみをもって話してくれる人なのかで、その人の「人となり」が見えてきます。 

③今この瞬間が幸せだと思える 

「ひどかったデート」の経験や、その時の感情を思い出すことにより、 

相対的に、今あなたとしているデートが、とても穏やかで幸せなものに感じることができます。 

もちろん、脳は「あの時のひどかったデートと比べて相対的に今が幸せ」とは考えません。 

「なんか、幸せだなぁ」「楽しいなぁ」と感じるだけです。 

それが、「あなたといると楽しい」と意識することになります。 

これは、心理学・脳科学的にも裏付けがあります。 

(と、アンジャッシュの渡部さんも以前テレビで言っていました笑) 

異性とのデートだけでなく、 

もう少し仲良くなりたいな、っていう女友達とのおしゃべりにも使えるので、 

ちょっと一度トライしてみてくださいね!

Koko

湘南在住。 脳卒中認定理学療法士&資産形成アドバイザー   医療の現場は大好きでしたが、リハビリテーション20分○○円、という換算の仕方や、「なるべく長くや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧