【セレブの美容法 】グルテン・フリーダイエット

bread- health
Health

Hello! 
kokoです! 

今日は、私がゆるっと実践している 、
「グルテンフリー生活」 
についてお話ししますね。 

グルテンというのは、主に小麦粉に水を加えて捏ねることでつくられるタンパク質で、 
小麦製品(麺やパンなど)の弾力や膨らみに大きく寄与しています。 
ライ麦なども同様です。 

パンを捏ねたり、うどんを打ったりした経験のある方はわかるかと思いますが、 
粘着力がすごいです。 

それもそのはず、 
「グルテン」の語源は、 
「グルー」=糊、とも言われているんです。 

これが、胃や腸などの消化器官の内壁にべったりくっついて、 
腸内環境を悪くし、消化や吸収を妨げると言われています。 

この「グルテン」を摂らない食事療法が 
「グルテンフリー・ダイエット」というわけです。 

レディー・ガガやビル・クリントンなどの著名人も、 
この「グルテンフリー・ダイエット」をしているらしいですよ。

効果としては、まず腸内環境が整うため、老廃物が溜まりにくくなり、 
お肌の吹き出物が減る、 
ターンオーバーが促されるため、お肌に透明感がでる、 
便秘や下痢の解消、むくみにくくなる、などがあります。 

結果、体重が減ったり、疲れにくくなるなども大きなメリットです。 

そして、私自身の体感としては、 
小麦製品(特に、精白した小麦をベイクしたような食べ物)には、 
少し、中毒性・依存性があるように思います。 

しばらく食べなくても平気だったのに、 
久しぶりにパンを食べると、また翌日も食べたくなる、というような。 

そんなに素晴らしい効果が満載のグルテンフリーダイエットですが、 
実際問題、完全にグルテンフリー抜きにするのはかなり大変。 
家族がいるとなおさらです。 

私はまず子どもたちに、 


「パンは食べてもいいけど、おやつとして食べて。 
特に、スーパーやコンビニで売ってるパンは、食事代わりに食べないでね」 


と言っています。 

あくまでも、おやつ(=嗜好品)として楽しむものとして捉えてもらっています。 

(とはいっても、学校の給食でパン食の時もあるんですけどね) 

他にも、 
外食時、パンかご飯かをチョイスできる時はなるべくご飯を選んだり、 
グラタンは、パスタを使わないポテトグラタンやドリアにする、 
麺類が食べたくなったら、フォーや春雨などを取り入れる、 
などでゆる~くグルテン摂取を減らしています。 

これは何に対しても言えることですが、 
最初から完璧にやろうとせず、 
「昨日の自分よりマシ」「去年の食生活よりマシ」というように、 
ちょっと上、ちょっと上、を積み重ねていくのが実は1番の近道なんじゃないかなぁと思うようになりました。 

出来る範囲でゆるゆると、も良し、 
勝負の日(デートや同窓会、各種お呼ばれなど)に向けてがっつり短期集中も良し、 
皆さんもぜひ一度、グルテンフリーにトライしてみてはいかがですか。

Koko

湘南在住。 脳卒中認定理学療法士&資産形成アドバイザー   医療の現場は大好きでしたが、リハビリテーション20分○○円、という換算の仕方や、「なるべく長くや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧