「幸せ道場」ムチはいらない!

happy green
Self Love/Care

こんにちは、Shionです!

「幸せ道場」では、毎日が幸せになる考え方を私の失敗談を交えながらお伝えしていきます!

心の持ち方一つで、目の前の世界は全く違うものになります!

皆さまの世界が虹色に輝くことを祈って。

  1. 脅しは役に立たない

2. 結果の出る頑張り方

3. 大人の特権

脅しは役に立たない

「いい大学に行けないと人生負け組だ」「痩せないと彼氏ができない、自己管理ができない証拠だ」「彼氏がいないと充実した人生が送れない」

これらはすべて、これまで私が私に対してかけてきた脅し文句です。

これらの脅し文句をかけられた私は果たして第一志望の大学に行けたのでしょうか?痩せられたのでしょうか?彼氏ができたのでしょうか?

全部Noです!

残ったのは、行きたかった大学に行けなかった負け組の自分、太ったままの自分、彼氏のいない自分です。

これだけの失敗を繰り返してわかったことがあります。それは「最悪の結果を想像して、それを回避するために自分をムチ打つことは、幸せにつながらない」ということです!

結果の出る頑張り方

では逆に、私が結果を残したとき、どのように頑張っていたのでしょう?

それはズバリ、頑張っていなかったときです!

やったことそのものは頑張っていると言えるものですが、頑張る対象のものと向き合うために、無理に奮い立たせる必要がないのです。

例えばはちみつについて。どうして体に良いのか、ワンコイン蜂蜜に偽物が多いのか。気になってしょうがなくて自分からどんどん情報を集めにいきます。

この時、私の頭の中は興味と好奇心でいっぱいで、このことを知らなければ酷い目にあう、といったことは思いもしません。

悪い出来事を回避することを目的にすると、目的を達成するまで「このままではダメだ」というストレスにさらされ続けます。そして、うまくいかなかった時に必要以上に自分を責めて、自分に失望し、自信を失います。

一方、興味や好奇心がエンジンとなって行動しているとき、何をしていても楽しくて、学びがどんどん加速して、気がつけば目的を達成しています!

大人の特権

小学校や中学校に通っているときは、嫌いな科目の勉強もしなければいけません。それはそれで大切なことだと思います。なぜなら小学生・中学生の狭い世界だけで自分の選択肢を絞ることが必ずしも全員にとってハッピーな結果につながらないと思うからです。

しかし、イヤイヤながらも色々なことを学んできた私たち大人は、そろそろムチを打って嫌なことに向き合うことから卒業しましょう!

第一志望の大学に行けなくてもやりたい仕事に就けます。太っていても楽しく働けます。彼氏がいなくても人生とても充実しています。

私が幸せかどうかを決めるのは、学歴でも見た目でも周りの人でもないのです。

あなたが幸せかどうかを決めるのはあなたしかいないのです!

Shion

健康意識高い系の会社員。 天才・秀才に囲まれた高校時代・大学受験失敗により、大きな挫折感を味わうとともに、自分の人生を見つめ直すきっかけを得る。 また、体型...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧