【もう占いに振り回されない! 】

Self Love/Care

家族が占い好きであったため、

幼い頃から望んでもないのに占われてきました。

このままだと、占いに人生を支配されるのではないか!とさえ思っていた私が、

占いを好きになれた秘訣をお伝えします!

〈私と占い〉

私は幼稚園くらいの時から、名前の字画、生年月日で見る占いによって、占われてきました。

私の名前は使っている漢字が悪いらしく、

画数も女の子につける数じゃないと言われ、

幼いながらに悲しかったです。

また、占いによって、この職業は良くない、

この方角へ旅行に行ってはいけないなどと決められ、

占いに自由を奪われていると感じていましたし、

「あなたは○○(星座であったり画数であったり数秘であったり)だから」と

占いで私のすべてをわかった気になられるのも不愉快でした。

占いと違う生き方をして、「ほら!占いなんて当てにならない!」と

証明してやろうかとさえ思っていました。

しかし、世の中を見渡せば占いなんて気にせず自由に生きている人がいて、

だからといって全員が事故にあっているわけでもない。
私は占いに縛られているのではなく、自分で縛っているだけではないかと気付きました。

〈①占いは迷ったときに使うアイテム〉

今の私が占いを活用するシーンとして多いのは迷ったとき!

着ていく服、ランチのお店といった毎日の選択は

今日のラッキーカラーやラッキーアイテムが役に立ちます。

迷っている時間が短縮できて、かつ運も引き寄せられている気がして、一石二鳥です!

しかし、服を買うときに迷っていないのにラッキーカラーじゃないからって

買わなかったりはしません。占いよりも自分の直感優先です。

食事を選ぶ際も、日頃はグルテンフリーを心がけているのですが、

そうは言ってもラーメン食べたい日もありますよね!
ラーメン食べたい日は今日のラッキーアイテムを見て、

ラーメンor中華or麺類が当てはまっていたら食べたりします。
ただただ罪悪感を減らしたいだけですが笑笑

〈②上手くいかなかった時に諦めるアイテム〉

占いを知ってよかったな、と思うのは良い意味で諦められるようになったことです。

私は昔から妹に対し、どうしてわかってくれないのか?

どうしてそんなことをするのか?と思うことがとても多かったのです。

しかし、占いで私と妹の違いが明らかになると、

わかってもらえなくても仕方ないな、妹はこんな風に考えていたのか、

と思えるようになりました。

話が上手く伝わらないな、何を考えているかわからないな、

と思う相手の性質を知ることで、イライラを抑えることができます。

あとはアンラッキーなことがあった日に、今日の運勢を見返してみると、

確かにあんまり良い日ではなかった、ということが何度かあります。

これまでアンラッキーなことがあれば、なんであの時こうしておかなかったんだろう、

と自分を責めることもありました。

しかし、それがあまり良い日に起こったならば、

不運がこの程度で済んでよかった!と思えますし、

良い日に起こったならば、このアンラッキーはあとを引かないだろう、

と思えるようになりました。

皆さんもこんな感じで、ゆるーく占いを楽しんでみてください!

Shion

Shion

健康意識高い系の会社員。 天才・秀才に囲まれた高校時代・大学受験失敗により、大きな挫折感を味わうとともに、自分の人生を見つめ直すきっかけを得る。 また、体型...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧