エクアドルではハロウィンじゃなくて「死者の日」

ecuador-halloween
Make up

10月31日といえばハロウィン。日本にいた時は、愛犬を連れて家の近くの繁華街に行き、人々のハロウィンコスチュームを見て楽しんだり、パーティーに参加したりした。エクアドルでもハロウィンの認知度は徐々に上がってきていて、ショッピングセンターにちょっとしたハロウィンのグッズを売っていたりするけれど、日本や北米に比べると認知度はまだまだ。

そもそも、エクアドルではハロウィンよりも11月2日の「死者の日(Dia de los difuntos/muertos)」が一般的。「死者の日」といえばメキシコの骸骨メイクやカラフルな装飾を思い浮かべる人も多いと思うけど、エクアドルでは故人を偲びながら、グアグアス・デ・パン(Guaguas de pan)と言われる赤ちゃんの形をしたパンを食べ、コラダ・モラダ(Corada morada)というパイナップルやグアバなどのフルーツやハーブを入れて甘く煮た紫色の飲み物を飲みながら過ごすのだそうだ。その日は食事を作り、先祖のお墓を訪れてピクニックするという。なんだか、日本のお盆や沖縄の清明祭に似ている。この日には死者が蘇ると信じられていて、「生まれ変わり」を意味する赤ちゃんの形をしたグアグアデパンと、「死者の血」を意味する紫色をしたコラダ・モラダを摂るのが伝統だそうだ。

家政婦さんが、死者の日の時期になるとグアグアス・デ・パンとコラダ・モラダはパン屋さんやカフェでも売られていると言っていたので、近所のパン屋さんで早速買ってきた。カラフルな色とちょっとブサカワな赤ちゃん顔がかわいいい。私が買ってきたパンはやんちゃそうな顔をしていた。顔から食べようか、それとも足から食べようか悩む。日本の定番のお土産、「ひよこ」をどこから食べようか悩む感覚に似ている。パンの中にはレーズンが入っていた。(パンの中はミルククリームだったり、ジャムだったりお店によってさまざまらしい) コラダ・モラダはベリー系の濃厚なスムージーみたいな味。中にはパイナップルやイチゴなどの形が残ってゴロゴロ入っていた。温かい飲み物を想像していたけど、お店では冷やしたものが売っていた。この時期には確かに冷たいものが飲みやすい。私が住んでいるコスタと呼ばれる地域よりも、先住民の多く住んでいるシエラやアンデス地方で盛んにお祝いされていているらしいから、標高が高くて寒いところでは温かいコラダ・モラダが飲まれているのかもしれない。

この機会なので亡くなった先祖を思いながらグアグアス・デ・パンとコラダ・モラダを食べた。きっと私は私の祖父母が想像もできなかった人生を生きている。沖縄の田舎で貧しく暮らしていた祖父母の孫が、まさか外国に住むなんて思いもしなかっただろうな。健康でいさせてくれてありがとう。

みきこ

現在、夫と愛犬と南米エクアドル在住。エクアドルに来てから料理、スペイン語をはじめて毎日奮闘中。エシカルな暮らしを出来るところから実践中。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧