子供がみんな持って生まれてくる〝クッキー缶〟の話。

cookie-can-yummy
Self Love/Care

4歳と1歳の女の子のママ、Makikoです。

ちょうど上の子が2歳くらいの時、公園でこんな出来事がありました。

お友達とおもちゃの取り合いをして、なかなか「どうぞ」ができない。

私は子供に「どうぞ」ができるように、あれこれ言って説得させていましたが、なかなか上手くいかず。

悩んでいました。

そんな時に出会った言葉です。

子供はみんな、クッキー缶を持って生まれてくる。

その大きさはそれぞ違い、質や形もばらばら。

そしてそのうち子供たちは、そのクッキー缶にクッキーを集め出すのです。

自分のクッキー缶にクッキーが増えれば増える程、嬉しさ、喜び、満足感で気持ちが満たされます。

そしてそのクッキーが、缶を溢れる程まで貯まると、そのクッキーを他の子にあげる事もできます。

もう自分のものは充分にあり、満たされているからです。

クッキー缶に充分にクッキーがない子は、必死で集めようとします。

自分のクッキー缶にクッキーがない為、焦り、不安、悲しみを感じることもあります。

もちろんお友達にあげる事などできませんし、お友達のものを取ってしまうこともあります。

子供がみんな持っているクッキーの缶、

大きさや形はばらばら、

溢れるくらいいっぱいにする為に10枚で足りる子もいれば
100枚あっても足りない子もいる。

それはその子の個性。

さて、このクッキーの正体とは。

みなさん何だと思いますか?  

実は私もまだ分かりません。

分かりませんが、分からないなりに

子供のクッキー缶にたくさんクッキーが貯まるように

私は今日も奮闘しています!

Makiko

1歳と4歳の女の子のママ。 両親ともに小学校教諭であった為、自宅にある本は教育本ばかり。両親の日常会話も教育に関する事が多く、幼い頃より「教育」に触れて育っ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧