忙しいと時間がないは真逆にできる

time-busy-life
Self Love/Care

Meiと申します。

24歳で長男を出産。31歳で次男を出産。仕事と育児と、、仕事と育児と、、毎日忙しい。時間がない。と過ごしていた日々。

34歳の時にふと、すごく嫌になりました。

何に嫌になったかというと、自分。

理想ばかり追って、何も頑張っていない自分。頑張っているのにと思っているだけで、全然頑張っていない自分。

理想とは。


スタイルの良い自分。仕事を楽しんでいる自分。家族を大切にしている自分。自分に自信がある自分。

まず何から始めよう。

①基本となる自分のカラダ(内面も外見も)と向き合う事

②体力づくり

③忙しいはありがたいと思う事

④時間は作るもの


①基盤となる自分のカラダと向き合う事私はどうなりたいのか。偏頭痛や体の凝りと戦うのではなく、健康で元気な体を手に入れる。健康的なスリムボディに憧れて、まずはスポーツレギンスをカッコ良く履きこなせる体系を目指し目標としました。


②体力づくりスリムボディを目標とするならば、燃焼させる有酸素運動を始めることと筋肉をつける事。両方ともやったことはありません。中学の部活は茶道部。高校は帰宅部。まずは体力作りから。動画を見ながら15分ダンス・ストレッチ。30分ダンス・ストレッチ。30分のウォーキング、30分のランニング、筋トレ、ストレッチ。と、できる事を少しづつ、時間を作ってはじめてみました。


③忙しいはありがたいと思う事忙しいから、忙しいから、は言い訳や逃げなのかもしれません。忙しいはありがたいことで、ありがたく忙しくしている日々の中でも必ず、時間は作れる。


④時間は作れるもの時間は作れると思います。私は特に、時間がないからなんて逃げていた気がします。だって時間ないしはもしかしたら逃げかもしれません。

ありがたく忙しい日々の中で時間を作ることを意識してみると、自然といらなかったであろう時間がいらなくなり時間を作れるようになりました。そう気持ちを持ち自分自身と向き合う時間を過ごしてみること2年。

今の私が生きてきた36年間の中で一番好きです。

「忙しくて時間がないからできない」はもしかしたら真逆で「ありがたく忙しい日々の中で時間を作ること」ができるようになるかも。 いや、なります。

そうすると、自然と理想の自分に近づいていける気がします。

私ができたので、皆さんも必ず、できます。

MEI

MEI

2人の男の子を持つトレーニング・筋トレママ。トレーニング歴は2年。 34歳の時に自分のカラダが理想、いや思っている自分ともかけ離れていることに気がつき、トレ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧