集中力が上がって、健康にもつながる、シンプルで効果的なテクニック!

time-management
Health

毎日同じような日々の繰り返し。

集中できない、作業が進まない、焦りがプレッシャーとなり

1日が終わった瞬間、疲労が襲い

やる気ゼロ。

疲れの割りに1日を

振り返った時、なにも出来ていないような気がして自分が嫌になる。

そんな1日を過ごしたことはありませんか?

TODOリストを書いたり、スケジュール管理を徹底してるつもりでも、

なかなかうまく作業が進まずクリアできなかったタスクを見て自分にガッカリ。

そんな日があると、なんだか自分に対して嫌気を感じてしまいますよね。

もちろん、現実的でわない無理なスケジュールの組み方ではないか?

1日に設定したタスク量は適切か?と

改めて考える必要もありますが

“ポモドロー・テクニック“を使った時間管理術を

アナタの1日に組み合わせると

1日の作業1つ1つの集中力が上がり、

健康的な毎日を送ることが可能になるかもしれません!

ポモドロー・テクニックとは

1980年代にイタリア人のフランチェスコ・シリロが考案したテクニックです。

方法はすごくシンプル!

タイマーを使い25分の作業時間をセットし

作業を行なった後5分の休憩を挟む。計30分の繰り返し。

これだけです!すごくシンプルですよね?

皆さんは、1日を24時間と考えていませんか?

もしくは仕事の時間、4時間〜8時間など。

そうやって全体の時間を数字だけで考えると

沢山の時間を持っている気がします。

だから、タスクを多く詰め込んでしまいがちだし

時間があると思って後回しにしがちです。

また時間が長くあると思うと億劫に感じ

作業を始める気になれないなど。。。

でも実際1日の中で個人が集中できる時間には限りがある上に、個人差もあります。

まずは1日に必ず多くても3つだけ、明確なタスクを決め

ポモドロー・テクニックに取り入れ行ってみて下さい!

最初は多くても3つだけ!ここもポイントです。

張り切ってタスクを多くしてしまい時間が足りず、

焦ったり、1つの作業に集中せずに何個もタスクをこなそうとする

マルチタスクを防ぐためです。

25分では明らかに終わらないような大きなタスクであれば、

始める前にそのタスクを小さいタスクに分割してから行うのもオススメ。

休憩の際にタスク内容を確認することで、

作業の進行具合が見れたり、調節を行うことで

自分の作業ペースの確認にもなります!

私が個人的におすすめしているのは

休憩時間に時間帯とそのときにしていた事を

スケジュールの時間管理ページに書く事と

水をコップ半分必ず飲む事です!

時間と作業内容を記入するのは

1日の終わりに見返し、自分の今日の行動を振り返ることで

行動した自分に対して“自分はなにもせずに1日を無駄に過ごした。“っといった

自己嫌悪を防げますし、1日の流れを見える化する事で

1日に行えるタスク量や使える時間なども確認でき、自分に合った無理のないスケジュール管理ができることもメリット!

それから、作業をしていたり忙しい日々を過ごしていると

水を飲むことをうっかり忘れて、

1日に飲む水の量が足りてないことってありませんか?

私は以前まで、うっかり水を飲むのを忘れてしまい

朝から昼過ぎまで水を一滴も飲んでいなかった、、、っということが

多々ありました。

成人であれば体重1キロにつき約35ml。

体重50キロであれば1日に1.7リットル

最低限お水を飲んだ方が良いと言われています。

25分に一度コップ半分の水を飲めば、4時間でコップ4杯分。

お水を飲むことで1カップ200mlだとしたら

800mlの水を忘れずに飲む事ができます。

もちろん、1日の自分にあった水の摂取量を確認して

飲み過ぎないように注意も必要です。

“ポモドロー・テクニック“いかがですか?

シンプルで簡単だから、

すぐに生活に取り入れられそうなテクニックですよね。

休憩時間の5分間を無駄にしたり、延長して“ポモドロー・テクニック“のリズムを崩さないためにも、

ネットサーフィン、SNSの無駄な回覧時間、テレビなどの

ダラダラ時間を過ごしてしまうような要因はできるだけ別の時間に確保。

こちらも時間を決めて管理するようになりました。

今大切なことに集中し時間を使う。

私は家事や、勉強、お仕事だけでなく子供との時間にも

このテクニックを活用しています!

この30分は子供との時間!っと決め集中する。

子供たちにも時間を前もって伝えることで、

もっと!もっと!っと言われても、お約束だっったよね!っと話がしやすい。

また“25分は君との時間!ニコニコ時間スタート!“っというと

子供たちもうれしそうですし、私も彼らとの時間に集中できるので楽しく過ごせています。

時間は無限ではありません。

意識していないと、1日も1週間も1年もあっという間に過ぎていきます。

だからこそ、25分という時間を必要なことに集中し

しっかり休憩を挟むことで、1日の作業効率を上げる手助けになる

“ポモドロー・テクニック“が最近また注目されてきているのだと思います。

この記事が、あなたの生活を豊かにするヒントになるような事が少しでもあれば嬉しく思います!

私はこうやってみたよ!こんなやり方もあるよ!などご意見、ご感想、

他のアイディアがあればコメント頂けたらとても嬉しいです!

Yuki Posada

アメリカ在住2児のママ。マインド × 環境問題を意識したミニマルな暮らしを実践中。13年間、マッサージ施術者として沢山の方の心と身体の相談を受けて気付いた事...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧