石けん成分のみで作られた【動物シャンプー】

Eco

突然ですが、

皆さんは自分が使うシャンプーを選ぶ時、何を基準に選びますか?

パッケージの可愛さ?
香りの良さ?
価格の安さ?
美容師さんのおすすめ?

どれも大切な要素かもしれません。

・パッケージがお洒落で可愛くて
・香りも自分好みの良い香りで
・それでいてお手頃な価格で
・大手の美容室で大々的に販売されていたら、

迷わず買う!
という方も多そうですよね。

では、これだったらどうでしょう?

・パッケージがお洒落で可愛くて
・香りも自分好みの良い香りで
・それでいてお手頃な価格で
・大手の美容室で大々的に販売されていて
・とても刺激の強い成分で
・頭皮にダメージを与える恐れがあります

先ほどまでの条件を満たしていても、こちらは買うのを躊躇しませんか?
というか、まず誰も買わないでしょう。

ということは、実は最優先の条件は香りでも価格でもなく、

「頭皮にダメージを与えないこと」だったということになります。

では続けてまた別の質問を。

このシャンプーを使うのが自分じゃなければ、

後者の刺激が強いシャンプーでも良いですか?

例えば、自分の大切な家族。子供。愛犬。愛猫。

もちろん、自分に使う時と同じですよね。
むしろ、自分に使う場合よりも良いものを、と思う方も多いはず。

近年、人間用のシャンプーは

“オーガニック“や“無添加“など
安全な成分で構成されたものも最近では多くなってきました。

しかし今現在、日本の市場に並ぶペット用シャンプーはまさに
先ほど例に挙げたような

“良い香りで堂々とお店に並んでいて刺激がとても強いシャンプー“
であるものがほとんどなのです。
本当に動物たちのことを想って作られたとは

到底信じ難いような成分のものがあまりに多いのが現状です。
中には食器用洗剤と何ら変わりないほど刺激の強いものや、
工業用接着剤と同じ成分が使われているという、目を疑うレベルのものも多数あります。
また、人間にとっては「良い匂い」と感じる香料も、
人の何千倍もの嗅覚を持つ動物たちにとっては、ただの刺激でしかなく、
化学的な成分は動物たちの健康にも害を及ぼす危険性があるとされています。

動物たちの皮膚は、人間の皮膚に比べて約6分の1の薄さしかありません。
人間用にさえ使われないような刺激の強い洗浄成分に、
人間よりはるかに体も小さく皮膚も薄い動物たちが耐えられるはずがありません。

また、人間社会では近年“SDGs“が盛んに取り上げられていて、
日本の会社でも意識的に取り組む動きが見られます。
しかしそんな中、

2020年に発表された、各国の動物福祉に対する政策を評価する
”動物保護指数(API)“では、日本はなんと最低ランクのG
おまけに日本は動物の殺処分数も世界一
動物社会の環境改善には全く至っていないのです。
動物たちの殺処分を減らすべく、虐待や飼育放棄などから守るべく、
日々尽力されている団体さんもたくさんおられますが、
ほとんどがボランティアで行われていることや人手不足などで運営が困難な部分も多く、
到底追いつかないほど、毎日たくさんの動物たちの命が奪われています。

これらを一気に全てを解決することも、一気に世界を変えることも出来ませんが、
私たちが出来ることの第一歩目として、

飼い主も動物たち本人も安心して使えるペット用シャンプーを製作しました。


シャンプーは、

動物たちに不要な成分は一切使用せず、

かつ環境にも優しい「石けん成分のみ」でできています。
香料も一切使用しておらず、

動物たちにとっての負担をとことん減らすことを優先しました。
人間にとってではなく、動物たちにとってのベストを追求した構成です。

せっかく良かれと思って選んだシャンプーによって、

かえって動物たちの健康を害する事象を減らしたい。
動物たちにとって不要な成分が一切含まれていない、

中身のわかるシャンプーで少しでも愛犬・愛猫たちの健康寿命を延ばしたい。
併せて、保護活動等、

動物たちのために日々尽力されている団体も長期的に支援し続けたい。
これらを同時に叶えるための商品として、

この無添加石けんシャンプーを作りました。

このシャンプーをご購入いただくことで、

商品代の10%が動物保護団体に寄付されます。
また、ご購入いただいたシャンプーをご自身の愛犬・愛猫にご使用いただく以外に、

シャンプーそのものを愛護団体に寄付することもお選びいただけるように致しました。

このシャンプーを選んでくださる飼い主さんが増えれば、

今より少しでも幸せに暮らせる動物たちも増えること、

そしてそれを支える団体の運営を応援できること。
一人でも多くの方にこのシャンプーを知っていただきたいです。

ピックアップ記事

関連記事一覧