母親だから、妻だから、我慢しないといけないの?自分らしく生きる選択をして気がついた事

mam and son
Health

先日環境活動家の方の講演会に行き、そこで聞いたお話から過去の自分、今の自分を振り返る機会がありました。

長男を産んだ時は専業主婦をしていました。その時は長男に全身全霊、自分の人生そのもの、長男が人生最高最大の宝物で自分の時間より彼のための時間が大切でした。彼を育てながら仕事をするなんて考えられませんでした。

保育園に預ける?顔も知らない人が作った給食を食べさせる?材料こだわっていませんよね?変な調味料使わないでもらえませんか? 今思うとゾッとします・・プチモンスターペアレンツかも・・

専業主婦がダメと言っているわけではないです!

その時、職場復帰予定の友人が、「子供は子供の人生があって、わたしには私の人生がある。
だからどちらも大切にしようと思っている。」と言われた時まったく理解できませんでした。

わたしの人生=子供の人生なんじゃないの?それが親でしょ?私らしく生きるなんて考えてもいませんでした。元夫のことで大変な思いをしても、わたしの世界はここだけだから。耐えて耐えて、我慢して我慢しての状態でした。「今超辛いんだ」なんて誰にも言えず。

そんな状態から次男が誕生し、保育園に預けて社会復帰して世界が変わりました。いろんなことに目が向く様になり、離婚をした今では更に加速して、やりたいこと、学びたいこと、夢が出来て、素敵な繋がりが出来て、毎日お腹の底から笑って過ごせる様になりました。

離婚したから良いとか、仕事しているから良いとか、やりたいことがあるから良いとかそういうことじゃないんです。みんなが自分軸で、自分らしく、自分を大切に生きていけたら本当にハッピーだと思うのです。

夜、湯船に浸かっている間だけでもいいから自分の体に手を置いて、今日も頑張った、わたし頑張った、お疲れ様と自分に優しい言葉をかけてあげる時間から始めれば良いと思います。

ふと信号待ちの時間だけでもいいから、頑張りすぎなくていいよ、できる範囲で無理のない範囲で少しだけ頑張ろうと呟くだけでもいいと思います。

こうじゃなくちゃダメ、こんなことしたらダメ、そんな言葉忘れちゃいましょう。


代わりに

何をしていると楽しい?何をしていると幸せ?こんな風に自分に問いかけてみてください。

Hana

2人の男の子のシングルマザーです。人材エージェントでフルタイムワークをする傍ら、ハニーアドバイザー、サスティナブルライフスタイルコンサルタントとしても活動し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧