【ライター】になりたいあなたへ

Finance

〜現役ライターがお伝えします!どんなお仕事?編〜

こんにちは。ライターのmakoyann(まこやん)です。

唐突ですが、現在、私はフリーのライターとして複数のwebメディアで執筆させていただいています!

今回は、そのライターの仕事について、「そもそもどんなお仕事なの?」といった疑問に、

1人の現役ライターとして独自の目線でお答えしていこうと思います!

ライターというお仕事が気になるみなさんへ。

少しでも、ライターのお仕事イメージの参考してみてください!

そもそもライターとは?

「そもそもライターとはどんなお仕事なの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ライターとは、一言でいうと文章を書く仕事。

依頼された企画内容や掲載するメディアに合わせて文章を書いて記事にします。

ライターが書く媒体はさまざまですが、紙だと雑誌やフリーペーパー、本などの書籍。

Webだと、ニュースサイトや企業が運営するWebサイトなどがメインになります。

基本的に各媒体の編集者さんから依頼され、

参考資料をもとに執筆するスタイルや自身で記事のテーマなどを考え、

企画・取材などをして執筆するのが基本です。

また、内容によっては取材対象者にインタビューすることも。

メディアや依頼内容に合わせて、取材や執筆、

ときには企画をして記事を書くのがライターの基本スタイルです。

どうやってなるの?

ライターになりたい!という方がよく気になるというのが、

「ライターって、どうやってなるの?」。

なりかたも実は人それぞれです。

最近のよくある方法としては、メディアが出しているライター募集の求人に応募し、

業務委託で専属ライターとして所属し、継続で依頼を受けて記事を書くパターン。

または、お仕事単位で単発で依頼を受けて、執筆するパターンがあります。

従来の方法としてある、出版社に勤めて、

メディアの編集などの別の業務をこなしながらライターをするというパターンもあります。

以前は専門的な技術や知識のある人のみしかなれないというイメージだったのが、

Web媒体が増えているのを機に、比較的挑戦しやすい仕事になってきています。

ライターのイメージをつけよう!

ライターになりたいと思っているみなさん。

まずは、「ライターとは何か」や「どんなことをするのか」自分がなったときを想像しましょう。

そうすると、ライターになるために「自分が何をするべきか」が

自然とイメージできて一歩踏み出すことができますよ。

ぜひ、積極的に挑戦&リサーチしてみてください!

makoyann

愛知県在住。現在、女向けWebマガジンにて恋愛やファッションなど女性向けの記事を執筆中。 Like:ファッション、雑貨、旅、カメラ、音楽、韓国ドラマ、カフェ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧